株式会社BICK
業務案内
設計建築・施工
開業の理念を明確に 将来計画を明確に 積極的に設計参加を

先生の使い勝手、特にスタッフと患者さんの動線を考えることは、今の診療所設計では必須です。この動線とは、限られたスペースの中でスタッフや患者さん等、人の流れや動きを効率的にするための概念です。
 「はずではなかった」と思われないためにも、豊富な経験と実績をもつ建築士を探されることが大事です。しかし、まず先生が評価・考察できる能力を身につけることです。
そのためには、患者来所から受付、診察、検査、処理、会計の一連の流れを設定し、そこの関わる人・物を埋め込み、人の動きが交錯しないような流れを作れるように配置を考える。

□まず先生が一連の流れを仮説することです。
□次に一連の流れの仮説をシュミレーションしてみることです。
□決定した流れに沿って全体の配置を決め、設計・評価の材料とする。

㈱BICKは、新規開業というプロジェクトに最終までお付き合いできる経験・実績豊富な診療所専門の設計事務所をご紹介させていただきます。

診療所の設計は、診療科目の違いはもとより、立地条件と周辺ロケーション等のバランスを考慮し、検討の上、設計されることが重要です。また、診療所の機能を発揮するため、限られたスペースでの医師・スタッフ・患者の動線を考慮したレイアウトも必須条件です。診療所の建築・内装工事におけるよくある例をあげてみました。その例について、考察を加えてリストにしました。参考にしてください。


  よくある例 アドバイス





雑誌やパンフレットを見て、オシャレな診療所と思い、そんな風に作ったが、使いにくくて仕方がない。 開業に当たり、理念を明確に持ち診療所を設計することが大事です。将来に渡りこの地域で何を標榜し開業するか?周辺ロケーションを良く吟味し、合った外観(診療所らしさ)を考える。内装・設備は、人の動線(患者・医師・スタッフ)を良く考える。決して他人(専門家)まかせにはしないこと。一番時間を掛ける工程だと思います。まず、理想の姿を描くことは、大切です。まず自分で考えてから提案させましょう。評価・考察できる能力を身につけましょう。
患者さんに「診療所にいると落ち着かない」と言われた。

待合室のインテリアの選択は、難しいものです。地域特性や患者層を念頭にいれて計画しましょう。ただし、全ての患者さんが満足する方法はないと思います。開業・診療所設計に当って先生の理念の幅を思い出して見ましょう。診療所の外観・待合室のインテリアなども含めての設計だと思います。そういう意味では、先生の趣味・デザインでまとめられるのはやむを得ないと思います。その世界にいかに導いてゆくかの視点も必要かもしれません。患者さんと先生・スタッフとのコミュニケーションの場でもあります。患者さんが癒され、安心感がもてる雰囲気が大事です。スタッフの接遇も影響します.

診療所の中にいると、なぜか寒々しい。 診療所の外装や内装は、清潔感を出すために白やグレーなどの寒色系でまとめられることが多かったのですが、最近では、空間に温かみを出すために暖色系やパステルカラーを使うコーディネートも増えています。インテリアなどの工夫も効果的です。清潔感イコール白という観念は捨てることも必要かも知れませんね。全体の構成から清潔感がかもしだされる工夫。先生の意見を添えて、専門家の意見を参考に
  よくある例 アドバイス
基本計画全般 今の間隔でコーディネートすると、10年後には古くさくなりそう

壁材や床材は5~10年後には一度塗り替えたり、貼り替えたりするものですから、その時代に合ったコーディネートに変更することもできます。
その反面、平面プランを変更するには、比較的大きな工事が必要となりますますので熟慮が必要です。

開業に至る各工程の全てに言えることですが、開業の理念・将来計画などの設備面、スペース面を考慮に入れ設計に組み入れておくという配慮が必要。資金面も考慮し、より経済的に現実的に判断すること。
オープンしてみるとスタッフの数は足りているはずなのに、なぜかいつもバタバタしている。又、患者さんが部屋を間違えたりする。

診療所の設計時の人の動線の検討が不十分なために発生する混乱では。患者受付・カルテ・診察・検査(採血、採尿・処置・会計・カルテ保管等の一連の流れをよく検討する。このとき、できるだけ人の交錯が起こらないよう工夫する。カルテ保管場所、処置器具置場、保冷庫、検査器具置場、検査機器等。

会計・レセプトの円滑化のために、電子カルテシステムの導入も効果的。
診療所の計画に対して消防署から改善命令が出された。 基本的に診療所は、先生の診療方針に基づいて自由に計画出来るのですが、建築、消防、医療などの方面で法規的に規制されることが有ります。又、家主からテナントの入居条件として制限される場合もあります。事前に担当窓口との打ち合わせが必要です。消防署以外に、保険所にかかわる事項などもあります。汚水処理、医療廃棄物に係る規制等。
建築(内装)が完了して、机などの什器や医療機器を入れようとしたがはいらなった。

計画段階で、什器や医療機器を図面の中に落とし込んで検討しておく必要があります。又、それらの什器や機器をどういう姿勢で使うかも検討しておかなければなりません。

医療機器等については、電源仕様・配線仕様等、建築仕様に影響することから設計段階で十分検討しておくものです。
  よくある例 アドバイス
設計計画全般 建築(内装)工事費が高くついた。 診療所の工事では、流しや建具などを特注するケースが多いのですが、コストを出来るだけおさえたいときには、計画段階で材料をうまく選び、既製品を使用することもお勧めです。
医療機器を入れてみたら、電気容量が足りなかった。 最初に診療所に入れる設備の容量や建築との取り合いをまとめた医療機器リストを作成し、設計者に渡しておきましょう。この際に設備の容量は1~2割の余裕を見て書き込みをしておいた方がよいでしょう。
電気設備工事にお金がかかりすぎた 診療所は、間仕切りがおおくなったり、医療機器を設置するため、設備工事が膨らむ傾向にあります。特に医療機器のメーカー担当者は余裕を見て常識を超えたコンセント数や電気容量を要求してくることがありますので注意して下さい。
空調設備にお金がかかりすぎた 診療所の場合、能力や耐久性
給排水設備にお金がかかりすぎた  
医療機器をいれてみたると、コンセントの形状